火葬のみ

葬儀

火葬のみで故人の見送りをしたい場合には

人が亡くなった場合には、まず1日目に通夜を行い、2日目の午前中に告別式を行った上で遺体を火葬に付すという流れの葬儀を行うのが一般的になっています。しかし、何らかの事情があって、通夜や告別式は行わず、火葬だけで済ませるようなケースもあります。火葬だけで済ませる形式の葬儀のことを、直葬、もしくは火葬式と呼びます。この形式で葬儀を営みたいと希望している場合には、直葬を取り扱っている葬儀業者を利用する必要があります。通夜や告別式を行わないのであれば、わざわざ葬儀業者を利用する必要などないのではないかと考える人もいますが、火葬場の予約の仕方すらわからないのが普通です。また、火葬場へ遺体を搬送する手はずを整える必要もありますので、直葬を数多く取り扱っている葬儀業者を利用するのが一番です。

どのような人が直葬を利用しているのか

直葬という形式での見送りを希望する理由で一番多くなっているのは、葬儀費用がないという理由です。たとえば亡くなった人が生活保護を受給していたような場合ですと、立派な葬儀を行えるだけのお金など残されていないのが普通です。身内に経済的な余裕がある人がいればよいですが、もしもそういう身内がいるのであれば生活保護を受給していない可能性が高いです。実際には、本人だけでなく身内も生活に困窮しており、余分なお金など全くないというケースが大半です。でも、生活保護費から葬祭補助金が支給されるようになっていますので、直葬程度であれば営むことができます。自治体によって支給額が異なっていますが、だいたい15〜20万円前後の補助金が支給されます。その程度の費用で営むことができるのは直葬くらいですので、生活保護受給者が亡くなった場合には直葬で見送られるケースが多くなっています。