落ち着いて墓参できる場所

墓

永代供養が人気

多摩には、故人や遺族の宗旨や宗派にこだわらず申し込むことのできる霊園があり、人気を呼んでいます。昔は多摩でも多くの人が菩提寺を持ち供養を頼んでいましたが、時代が移り変わり霊園に埋葬されることを希望したり、家族を霊園で供養して欲しいと望んだりする人が増えているのです。以前は先祖代々受け継いだ土地で祖父母も親も子どもも一生を過ごすことが多かったのですが、今では多くの家庭で子どもたちは進学や就職・結婚などを機に住み慣れた土地を離れていきます。そのような場合、昔のようにお盆やお彼岸・命日などのお墓参りがなかなか思うようにできないという例も少なくありません。そうした時代背景があるため、多摩の霊園でも永代供養のできるところが特に人気です。

時代が変わっても安心

少子化で子どもの数が少なくなり、また都心へ出て行った子どもたちが故郷へ再び戻らないことも珍しくはないため、墓守の問題は日本において年々深刻さを増しつつあります。その点、永代供養をしてくれる多摩の霊園であれば将来の心配をせずにお墓を建てることができます。子孫に迷惑をかけたくないとの思いから、散骨や自然葬を希望する人も増えていますが、やはりきちんとお墓参りのできる場所があって欲しいと希望する人も依然として多数存在しています。多摩の霊園は落ち着いた環境にあり、いつでも静かに故人の思い出をしのびながらゆっくりとお墓参りのできる場所となっています。地方のお寺などでは後継者がいなくなって廃寺に追い込まれるケースも多くなっているため、そのような心配のない多摩の霊園を希望する人はこれからも多くなっていくでしょう。